2018年5月24日 (木)

満足度100のチェンマイナイトサファリ。

娘は旅行中もだいたい12時間睡眠
&
私は一切家事をしなくてOK
&
のんびりゆったり旅行
なので、インドにいるときより暇
っというわけで、
携帯でブログを書くのは打ちにくく大嫌いなんですが
3週間分旅行記ためちゃうと書く気なくしちゃう
&
超忘れっぽい私は帰宅後忘れてしまう可能性大
なので、いつもより頻回更新
あとあとホテルのワイファイさくさくで
インドよりカナリ写真UPがスムーズやから更新する気になる
ってのもあるかな。
インドから海外行くと、
4Gもワイファイもカナリさくさくになりません
日本でもオマーンでもマレーシアでも、
そして今回タイでもネットさくさくに感動している私です
そうそう空港では買わずチェンマイの街でSIMカードを買うつもりやった私ですが、
必要性をあまり感じず結局買ってません。
ホテルやレストランではさくさくワイファイが使えるし、
娘と2人やと外で携帯触る暇がない
&
ホテルにいる時間が長い
から。
超方向音痴で地図が読めない&読みたくないから
外でグーグルマップが使えないのはカナリ辛いんですが
でもチェンマイは幸い
いつでもどこでも安い交通手段がある
&
人がスーパー暖かく優しいので、
今日日本食レストランに行くときも
人に聞きまくりながら歩く
辿り着く前に娘の疲労がピークに達っしたのでトゥクトゥクに乗る
で行きました
明日からもこれで乗り切るぞー
そうそうホテルスタッフ曰く、
チェンマイの街でSIMを買うならセブンイレブンか電気屋さんだそうです。
ちなみに私、ホテルそばにセブンがあったから昨日言って聞いてみたんです。
そしたら4Gなんちゃらと広告は貼られてたのに、
やる気のなさそうなスタッフたちに
NoSIM
って言われたー
ほんまになかったんかもしれんけど、
単にめんどくさかっただけな気もする。
(その時お店ガラガラやったけどね)
事前にとある方のブログで、
忙しかったりめんどいと断られるから
いくつかのセブンをあたりましょう
という警告を見てたから
複数業務を覚えチャキチャキこなす日本のコンビ二店員さんたちってほんまスゴイわ
さてさてタイトルのナイトサファリ
オススメ過ぎてインドに帰ってゆっくり記事にしたいんですが、
写真だけでも早く見ていただきたいからバババーっと貼っつけます
何かご質問がもしあれば、コメント頂ければわかる範囲でお答えします

動物はもちろん、敷地内の景色も最高やった

雨季の始めやというチェンマイ、
夕暮れ時が特に美しいなー
今日のナイトサファリツアースタッフ曰く、
10年前はチェンマイに日本人がいっぱい来てたのに
今は日本人は少なくなり中国人がめっちゃ多いって。
なんと年間1000万人来るって
あまりに中国人観光客が多いからか
今日のナイトサファリのとあるコーナー、
ThaiとEnglishに別れてたからもちろん後者に行ったのに
説明90以上Chineseやったからね
きっとスタッフ、EnglishよりChineseのが得意やったんやろな
私、ナイトサファリだけでもチェンマイに来た価値があったと感じるくらい
今日のナイトサファリに大満足でした
インド在住日本人の皆様(笑)、
バンコクもいいけど
(日本のモノで溢れるバンコクは、インド在住者の多くが1番好きな海外かと。笑)
ぜひぜひチェンマイにも行こうよー
美味しい日本食も食べられますよー
空気がね、
(大気汚染がマシな時期の)デリーNCRから行った私でさえも
やっぱりいいとは思えないのが今のところの唯一最大の欠点かな
あと私、なんでブログが書きたくなるかわかった
タイに来てから大人と日本語話してない
旦那とラインコールで話したり、
あと今日の日本食レストランで日本語ペラペラタイ人と話したくらいかな
今回迷った挙げ句日本人宿には泊まらなかったし、
日本人に会わんのよね
おしゃべり娘のおかげでずっと日本語を喋りまくってるとは言え、

当たり前やけど娘とは旅行の話を深くは出来ないから
書くことで会話した気になってるんかな
1人で相手し続けなあかん
娘のなんでWHY攻撃に
既に疲れきってる私でした。笑

肉みその中華麺〜

こんばんは〜

いつもいいね、訪問、そしてにほんブログのポチッ、ありがとうございます(O

やっと仕事の忙しい時期が終わり、時間がもてるようになりましたので

肉みそをたくさん作りました。

肉みそは色なお料理に使えます。

近所にもおすそ分け〜

私もいつもいただいたり、おかず交換したり〜
前菜は、いつも小さいトマトでつけ置きをするのですが、今回は少し大きめの

とまとで作りました。いつものトマトとレモン汁のマリネです。

近所の友人が破竹の木の芽あえを持ってきてくれました。

切干大根とコーンとお豆の煮物。
そしてメインの肉みその中華麺〜

落とし卵を載せたら美味しい。

今日も簡単なお料理ですが、美味しく頂けました。

時間があるときのお料理作りってほんとうに楽しい〜
ベリ、美容院に行ってきました。

あまり短くすると可愛くないのでいつもそろえる程度で、すぐにカットに行かなければ

いけません。

ベリにとってストレスかなと思いながら。

実家の近くの美容院に行っています。

小さいときからこちらの美容院でお世話になっているので、なかなか自宅近くの

美容院に変えることはできません。

美容院にいくと疲れるのか、家に帰って〜爆睡のベリです。

ブログ村テーマ
モノトーンのインテリア
5/23の記事〜folk連載その6カップボードと海外風キッチンインテリア

素敵なキッチン〜

夜のキッチンの間接照明は今度改装するときに絶対にマネをしようと思いました。

雑誌に掲載されるだけありますよね。

参考になさってくださいね。

私の憧れの方がたくさん
いらっしゃいます。
応援よろしくお願いします。
お手数おかけしてすみません(;)


にほんブログ村


普通のお料理をちょっとおしゃれにそんな食卓を作られている方情報を交換しませんか?

2018年5月23日 (水)

日曜の鳥見

朝一番でジュウイチを写せたのはよかったのですが、その後はひたすら歩き回りました。

明るくなって再度ジュウイチを撮ろうと思いましたが、とまり木の近くにやってくるものの
とまり木にはとまりません。
しかも待ってる間はアカショウビンの鳴き声が近づいたり遠ざかったり、数羽のアカショウビンの鳴き声がサラウンドで聞こえわくわくしました。

この日一番の目的はヤイロチョウでしたが、前日まで近くの尾根で鳴いていたらしい個体の鳴き声が聞こえません。
遠くで鳴き声が聞こえますが、探しに行くにはちょっと遠いようです。
そのヤイロチョウが少し近づいたようだったので、数人で場所を移動しました。
移動先よりもうひとつ先の尾根で鳴き声が聞こえてたので私一人で尾根へ向かいました。
猪の親子に遭遇しながら尾根へ辿り着くと、ヤイロチョウは皆が居る場所へ降りて行ってました。
その場で待つか鳴き声のする方へ行くかで、私の行動は凶となってしまいました。
尾根を降りて皆がいる場所に戻りましたが、写真に収めることはできませんでした。

その後再び最初の場所へ戻りましたが、アカショウビンやジュウイチ、サンコウチョウとのニアミスばかりで写真は撮れずじまいでした。
私はこれから地域の行事が多くなるのでしばらく写真を撮りに行けませんが、同時に野鳥たちも繁殖に入るので鳴くことも少なくなると思います。
大物夏鳥の撮影チャレンジは終了しました。

今年は県民の森のサンコウチョウは少ないようです。
いつもはあちこちで鳴き声が聞こえますが、今年は鳴き声を聞くことも少なく寂しい感じがします。

帰宅途中で昨年セグロカッコウが飛来してた場所へ今年も飛来してないか確認に行きました。
この場所はGWにとまり木3箇所を設置してあるので、もし飛来してれば撮影できる確立が高くなります。
三箇所同時に見渡せる場所で2時間ほど待ちました。

17時30分頃まで待ちましたがセグロカッコウの鳴き声は聞けませんでした。
カッコウ、ジュウイチ、ホトトギスは鳴いてますが、この日は近くには来てくれませんでした。

つくずく鳥運のなさを実感した1日でした。

森友学園籠池夫妻の保釈決定補助金詐欺で

森友学園籠池夫妻の保釈決定補助金詐欺で大阪地裁

胎内記憶の罪

「胎内記憶はありまぁす!」派に感じる違和感…。全力でツッコみます。 - messy|メッシー http://mess-y.com/archives/15909
自称セラピストに転身した親友から「毒親を愛せ、許せ」と詰め寄られた女性の苦悩 http://wezz-y.com/archives/54526
ファンタジックな世界観で謳う「親子の絆」が暴力になるとき。胎内記憶の罪を医師が解き明かす

エフェクターに頼る男はクソ!!俺様はア

エフェクターに頼る男はクソ!!俺様はアンプ直じゃい!エフェクターも高けぇ

2018年5月22日 (火)

返信先大丈夫!!私もバターご飯大好き!

返信先大丈夫!!私もバターご飯大好き!!なんならマーガリンご飯もする!!バターもマーガリンも大好きo北海道いいなぁ

正にコレだよな(ノ∀`笑)www

ピンクタイ内田・腰巾着井上
さて、君らオッサンはどうするのかなぁ??
日大選手「アメフト続ける権利ない、つもりもない」

ニコ生の国会中継見てると、若者の自民党

ニコ生の国会中継見てると、若者の自民党支持は圧倒的だと分かる

蓼科山365日 5-22-18 小満

今朝は20度を超す気配の朝を迎えています。
今頃が二十四節季の一つ「小満」で、「陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始める季節」です。
が、今年は次の「芒種」のような気候です。稲など芒のある穀物を植える季節のこと。
初夏のような日が続いています。一般道路脇と言わず、散歩道や土手のいたるところにタンポポの花が咲き乱れています。黄色の花が乱れ咲く景色は、群れとして眺めると意外にはなやいで明るい。
どこか牧歌的な趣がある。蕾の形が鼓に似ていて、音の連想から「タンポポ」の名が付いたとか。
若山牧水は「多摩川の砂にたんぽぽ咲くころはわれにもおもふひとのあれかし」と歌った。
一面に咲くタンポポの咲く野に座って恋の物語でも思ったのだろうか。
花期が終わり、しろい綿毛のパラシュートを付けて、種子がかすかな風にふわりふわりと飛ぶ様子が
微笑ましくメルヘンを感じ詩の一つも浮かんでくるのだろう。
「二小山付近」(萩原朔太郎)
 われの悔恨は酢えたり
 さびしく蒲公英の茎をまんや。
 ひとり畝道をあるき
 つかれて野中の丘に坐すれば
 なにごとの眺望かゆいて消えざるなし。
 たちまち遠望を汽車のはしりて
 われの心境は動擾せり。
 
森の人

«その1