« はじめまして、おはようございます!動画 | トップページ | 丸谷才一「居心地のよい病院」『文藝春秋』1998年4月号 文藝春秋 1998年3月10日発売 »

2017年7月15日 (土)

家族1人1人の役割

今日はお久しぶりにお化けネタ繋がりの
スピメッセージ
現在の私は肉体の衣を1枚脱ぎ
体重は増えてるけど
宇宙の力を借りて
ハイヤーと
コンタクトなんて取っていますが
ひと昔前までは、ただの
ちょっと霊感の強いおばさんでした
今ではもう、波動を上げた私に
低級霊も高級霊も
憑きませんが
ですが、ひと昔前までは
それはそれは
憑かれることが頻繁でした
今までの人生においては数回
お化けと会話もしましたが
面倒くさいから基本やらない
絶対に忘れられないくらいの出来事が
約4年前
父が肺癌で亡くなった後、
父の仕事の関係者が
仏壇に手を合わせに来ました
入ってきたその男性は
両腕に念珠を合計5本つけている。
この人ヤバい!!
瞬間に気づいたが、時すでに遅し
その男性から離れた1体の霊に
私は犯されました
みるみるうちに
自分の顔付きが変わっていくのが
自分でも分かる
もう、会話も出来る状態じゃなくなった
側にいた母は、私の顔の変化に驚き、
呆然と見つめているのがわかる
その男性が帰った後、
あの人は、海外によく行く人と聞くと
趣味が海外旅行で
あちこち行っている、と言う。
どこかの国から帰国したのも
1週間前だと言う

ああ、外国人置いていかれた
これは、ヤバい
ちっきしょー!絶対、体軽くなって帰ったぞ
あのおじさん
私に憑いた霊は、
フィリピン人の女性だった
男に捨てられ、ものすごい怨念を持ち
自殺した人だった
離れてくれない
いくら頼んでも、離れない
今だから、こんなの押せるけど当時は真剣
殺してやると聴こえた
当時、
長男は高校1年生次男は小学4年生
特に長男に会わすわけにはいかない
幸い、その時子供達は学校に行っていた

霊障も兼ね合い、起立性を発症した長男には
絶対に会わせてはならない
今、長男に憑いたら
長男はどうなるか分からない。
この子は私よりも、もっと
霊感が強いけど
こんなすごい奴は絶対にダメだ〜
さて、どうしよう
私の体はどんどん重くなり、
動くのも困難な状態
何をしても離れない
自分で鏡に写った顔を見て
別人になっていたのに驚いた
私は、霊媒師の友達に電話
霊媒師というか霊媒師になるはずだった友達。
彼女の場合は、お告げがあり
その能力でお金儲けをしてはいけないと言われ
私や、大切な人の為だけに力を使ってくれる。

電話を掛けると、その霊は
すぐに、彼女の所に飛んで行った
うわっこっちに来た
と、友達
ああごめん。私1人じゃ手に負えないわ
それからの1週間は
友達と私のところを、行き来する怨念霊
友達からも
もうヤバイ殺されるとLINEが来る
怨念の強い霊には、絶対に
きつく当たってはならない。
逆上するから
踏み切りで背中を押されたり、
ベランダから呼ばれたりするのだ
仲間を呼ばれたらもう終わり
夜中の1時13分に
公衆電話から電話がくる
全くの同日同時刻に
友達には非通知から電話が来ていた
私は、電話を取った。
もしもしと何回言っても無言
フィリピンの怨念霊が着信を鳴らしてきた。
同時刻に、
私の携帯と友達の携帯を鳴らした
さすがにこの時は怖かった
友達と、力を合わせた
とにかく説得
話を聴き、その霊を説得し
フィリピンに帰らせるまで
1週間かかった
実はこれは前振り話
この、4年前の出来事を思い出したのが
つい先日のこと
うちのペットのらんが(ラブラドール1歳)
夜の9時過ぎ
突然、唸りだした
落ち着きがない。グルグル回りながら
同じ場所ばかり視てる
らんは、普段全く吠えないし、
とても穏やかで、うなることも無いのに。
ずっと唸り続け、軽く吠え出した
うわぁなんかヤバいのが入ってきたな
低級霊じゃないじゃん
かなり強い。

らんも怖がり、唸りながら
私の側を離れない
頭にはフィリピン人の霊の件が浮かんだ
私は話しかけもしないし
とにかく無視した
その霊は、私には寄って来ず、
ずっとテレビの横にいる
そのうち、念珠を作ろうと、
自分の念珠を腕から外したとたん
ぐわ〜っと、部屋の空気が重くなった
ヤバイな。どうしようかな
よしここは、長男を呼ぼう
自分(私)が面倒くさいから
長男を呼んだんだけど
あいつ、1度リビングに降りてきて
霊感スイッチONにして視たと思ったら
OFFにして、無視して行ってしまった
えぇぇぇぇぇぇぇっ!?
知らん。自分でやってと。
そう。長男も面倒くさいのだ

ああ、私がどうにかするしかないのか
でもよみがえる、フィリピンの怨念霊

うーん面倒くさいな
考えながら、念珠を作っていた
らんは、私の足元から離れない
ずっと怖がっている
そんな時
次男、塾から帰宅
ただいま〜と
家に入って来たとたんに
ぶっ
飛んでった

あれ居なくなった

次男が帰宅したとたんに
強い念を持つ霊が飛んで居なくなったのだ
その時は、私、あっけに取られ
次男が放つオーラの強さに
笑ってしまった
バイタリティー溢れ、純真無垢な
汚れのない次男のパワーは
本人は何も気づいていないが

霊さえも、跳ねる力を持っている
長男は視える。聴こえる。交信もする
旦那は、全く何も分からない鈍感
そして、次男は
直感力が鋭く、常にいろんなアンテナを張り
オーラがとても強く、分厚い
私は、この時思った。
家族には役割と言うのが
存在しているんだと
例えば、我が家で言うと
旦那は、霊に関しては全くの鈍感
直感力と言うか、頭脳で感じるタイプ。
鈍感だけど、優しいからなのか
よく、いろんなものを憑けて帰ってくる。
全く面倒くさい

でも、こういう鈍感な人って
家族の中では必要なんだと思う
長男は視える。聴こえる。交信する
恐らく長男は、しっかり修行をすれば
霊能者になれる。
でも、面倒くさがるし、嫌がるので
あまり私は頼らないし、言わない
私は視えるけど、どちらかと言うと
感じる方が多い。
今は、精神世界に(宇宙)漬かっているので
お化け系は、ほぼOFF状態
ってか視ないようにしてる
なので、長男とはまた違う
そこに出てきた次男は
跳ねっ返すんだ、と知った
こんなに側にいるのに、ずっと気づかなかった母
私が次男に与えてもらうもの
私が家族に与えているもの
お化けのことだけじゃなく、
それが、エネルギーだったり
氣だったりするんだと
たぶん、みなさんも
家族はそれぞれ
全く違うんじゃないかと思う
私に似た長男は、エンパス体質で
起立性にもなり、敏感で繊細だけど
この長男から与えられているものも、
必ずあるんだと
旦那が鈍感で良かった、とか
私は、また違う精神世界の道を行き
家族がひとつの四角形を作っているんだと
そんなことを、改めて実感したら
みんなにも伝えたいと思った
それぞれの家族
1人1人の役割が必ずある
と言うこと
起立性でも、不登校でも
そこから発信している何かがあって
それを家族の誰かが受け取ったり
与えたりしているはず
優しさ思いやり
真面目さ一生懸命
なぜ、うちだけ
こんなに苦しいことばかり起こるの
ではなく
役割を考えてみたら
母親が与えている役割
父親が与えている役割
兄弟、姉妹が与えている役割
その点と点を結んでいくと
しっかりとした四角形や、台形になるはず
笑顔をくれる人笑いをくれる人
楽しさをくれる人癒しをくれる人
喜びをくれる人
与えてくれる人与えてもらう人
なんだか難しい話かもしれないけど
1人1人が持つ役割には
とても大きなエネルギーがあるはず
だから家族なんだと思う
うーん、やっぱり難しいか

« はじめまして、おはようございます!動画 | トップページ | 丸谷才一「居心地のよい病院」『文藝春秋』1998年4月号 文藝春秋 1998年3月10日発売 »